当サイトについて

男性のための相談活動、子どもの社会的養育、人がつながるコミュニティ空間づくりの活動に関わる運営者個人のウェブサイトです。関連する資料・リンクやブログで構成しています。

最新ニュース&ブログ

本ウェブサイトの更新情報及び個人ブログを掲載しています。

現実をみよ(鳥獣戯画)

【大阪市「消滅」住民投票】 高齢者福祉も分割され複雑に

高齢者福祉は新たな4つの自治体がそれぞれに担いますが、「介護保険」は担いません。 わかりにくいのですが、介護保険は新たにできるもうひとつの自治体(のようなもの)が担当します。大阪市を4つに分割して、さらにもうひとつできる自治体(のようなもの)が「一部事務組合」です。

現実をみよ(鳥獣戯画)

【大阪市「消滅」住民投票】 市及び24行政区(地区)社会福祉協議会はどうなるのか

生活に身近なところでは、社会福祉協議会という組織があります。現在は、大阪市社会福祉協議会、24行政区(地区)社会福祉協議会が社会福祉法人格をもって活動されています。 社会福祉協議会は民間団体ですが、社会福祉法に規定されていて、2以上の自治体の区域にまたがって活動することも可能とされています。ただし、大阪市が廃止され、新 …

財政シミュレーション

【大阪市「消滅」住民投票】 プール、スポーツセンター、老人福祉センター、子ども・子育てプラザはあらかじめ予算削減予定

大阪府・大阪市の副首都推進局が作成した「特別区設置における財政シミュレーション(一般財源ベース)」がホームページで公表されています。 https://www.city.osaka.lg.jp/fukushutosuishin/page/0000511466.html この資料の27ページの表を掲載します。

現実をみよ(鳥獣戯画)

【大阪市「消滅」住民投票】 固定資産税を大阪府へ渡す影響

大阪市の歳入(平成30年度決算)の42.9%を占める「市税」のうち、29.5%を占める「固定資産税」「都市計画税」「法人市民税」「事業所税」は大阪府に移管されます。 とりわけ、16.5%を占める「固定資産税」の移管は大きく、このことは、新たな4つの自治体の住民にとって、2つの課題をもたらします。